保育方針

企業主導型保育サービス

保育理念

●つなぐ、はぐくむ、みらいへすすむ
子ども達が年齢、環境の垣根を超えた成長を望む
●創造性豊かな「生きる力」を育てる
型にはめず子ども達の感性を尊重し生きていく上で必要な知識を育む

保育目標

●明るく笑顔ある子どもに育つ
●思いやりある子どもに育つ
●自分で創造する子どもに育つ
●元気でたくましい子どもに育つ

保育の特徴

●想像力を養う音読プログラム
●日本語・英語を養う発語プログラム
●記憶力を養うフラッシュカードプログラム

保育方針

①1 人1人の個性を大切にその子に寄り添い成長過程を見守り最良の教育を選択する。

②少人数制で子どもの心身の成長を見守りその子に合った最良な幼児教育を提供できるよう努める。

③人として「しつけ・マナー」を身につける。

④日常生活の中で発見、探究心、創造性を身に着け集団生活の中で養う知識習慣を学習する。

⑤人を思いやる心が身につく習慣を学ぶ。

⑥積極性・調和性・柔軟性を兼ね備えた感性を身につける。